<body>

Sensual Ladies in Leather

革フェチ..レザーフェチ、ブーツ... sensual=官能的な、性欲をそそる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フェチ的年間MVP

20100204044352(80)-50y.jpg

今年最後なので、「この一年でレザーフェチ的として印象に残ったこと」を振り返ってみたいと思う。

① 映画のシーンで…
  「ウルフオブウォールストリート」
  ディカプリオの妻役の女優さん(マーゴット・ロビー)がとても色っぽいのだが、
  この人が物語の終盤にレザースカートで登場する。
  金持ちの奥様なので非常に質の良いレザースカートをはいている。
  鑑賞中、このシアターの中で「このレザースカート高そうだな、などと考えながらこのシーン見てるの
  俺だけなんだろうな」と、どうでもいいことを、ふと思った作品。
  それにしても、おじさんになったディカプリオはとても良い俳優になったと思う。
  カリスマ性のある役を演じると、グイグイ引き込まれる。
  最近の作品では、「華麗なるギャツビー」での演技は素晴らしいと思ったが、
  この作品でも破天荒な主人公をエネルギッシュに演じており、見る者を引き付けるパワーがある。

  「ルパン三世:実写版」
  峰不二子というカリスマキャラのおかげで、レザーフェチのみならず多くのフェティシストが、
  何らかの期待をしたであろうこの作品(w
  まあ、エロビデオではないのでそんなにがっかりもしなかったが…
  不二子のレザースカートでの登場シーンもあるが、見切れていてほとんど映らない。
  北村龍平監督ということでアクションシーンにも期待をしていたが、その点もちょっと物足りなかった…  

  image-c2dec1_20141230194006540.jpg


② 個人的に今年のMVP、圧倒的魅力

13h58m55s80-123-75_20141226190038042.jpg

                14h10m41s221-1-8-75.jpg


③ 残念...掲示板の運営停止

kawafeti01-01.jpg こちらのサイト、革フェチならば知らない人はいないはず。
 この掲示板がなかったら、おそらくこのブログもやっていな
 かったかもしれない。同好の人との交流や情報交換など、
 色々と刺激を受けたサイトだ。(T.Nさんお元気だろうか?)
 私自身も最近は書き込みすることもなかったので、
 言えた義理ではないのだがとても残念であった。
 長い間運営してくださった管理人さんに感謝。



      それでは皆さん、良いお年を
      20100204044352(98)-50a_2014123112414331f.jpg

  1. 2014/12/31(水) 00:00:00|
  2. レザーフェチ etc

今更ながら、「レザーニストって何?」

     DSCF1503-40.jpg

残念ながら今年はレザーファッションについては何もないシーズンのようである。
今年の初秋に発表された「ベストレザーニスト」なる賞の受賞者を見て嫌な予感はしていた。

2014年最もレザーが似合う著名人が、さすがに「眞鍋かおり」っていうのはどうなのよ...
(それ以前に「レザーニスト」っていう造語はどうなのよという話もあるが…)

まあこういったファッション関連のイベントの目的を考えれば、
「全く話題性はないけど、すごい革マニアな芸能人」を選んでも誰も面白くない。
業界としても何のメリットもない。
そんな硬派でちょっと気持ちの悪い選定基準も、個人的にはとても面白いと思うが、
営利でやるべきものではない。
では、どんな選定基準が望ましいか勝手に想像してみると…

  ①好感度が高く話題性のあるタレント
  ②レザーを着用してメディアに露出があるタレント
  ③レザーファッションが一般的に持たれている「大人」「セクシー」のイメージから逸脱していない
  ④その他、そのシーズンに(業界として)売りたい一押しアイテムが似合う人など  

過去の受賞者の顔ぶれを見ると、疑問を感じる年がないわけではないが、
多くはどれかしら上記の基準に引っかかってはいる。
たとえ該当するものが①のみであったとしても。
フェチ的な視点で見れば異論があろうが、そういった点では過去の受賞者はそれなりに納得できる。
しかし、今年の受賞者には「何もない」と感じるのは私だけだろうか…
なんだか今シーズンのレザーファッションの流行を象徴しているようで、寂しい気がする。
念のために書いておくと、眞鍋かおりが「何ものも持たないタレント」と言っているわけではない。
この賞の受賞者として選ばれるべき要素が「ない」という意味である。

ここ2~3年間で、上記の基準②③も考慮して個人的に候補を挙げるならこんな感じだ。
・山岸舞彩 ・芦名星 ・北川景子 ・黒木メイサ 
こんな顔ぶれなら納得できる。
 * 因みに、黒木メイサは映画「ルパン三世 実写版」の峰不二子のイメージで挙げたが、
  年明け辺りDVDも発売されるであろうこの作品、残念ながらフェチ的には見るべきところはない。

      DSCF1533-40.jpg

  1. 2014/12/23(火) 00:00:00|
  2. 流行

プロフィール

ブレッカー

Author:ブレッカー
                 
フェティシズムについて、
どうでもいいことを中心に
てきとーに語る...
zzz...
zzz...
......

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。