<body>

Sensual Ladies in Leather

革フェチ..レザーフェチ、ブーツ... sensual=官能的な、性欲をそそる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フェチ的AV考②-衣装に金をかける-2/2

前回少し触れたレアルワークスの作品の中から、パーソナルBest3を紹介したいと思う。
P1020090-+

第1位:革手袋の女
 ちょっと意外に思われる方もいるかもしれないが...これが1位。
フェチをテーマとするのなら、その対象のアイテム自体に手を抜いて(金をかけない、または質にこだわらないなど)
しまえば、その時点でほぼB級作品となることは決定的である。
この作品においては、使用される革手袋が全て質の良いものであるにもかかわらず、
惜しげもなくやりたい放題やってくれている点がすばらしい。
(おそらくこれらの手袋、撮影後は使用不能となること間違いなしと思われるが...)
 作品は全編を通して革手袋のフェティッシュな魅力満載のシーンが続いていく。
「黒革の手袋を身につけて何をして欲しいか...」という願望をボリューム満点で映像化してくれているという点、
また画作りの面でも手袋の生かし方が巧みであり、痒い所に手が届きまくりのカット割りや、
レザーが引き立つライティングにはプロの仕事が感じられ、感動すら覚える。
それらがこの作品を1位とした理由にほかならない。
とにかくフェチ系の動画としては、非常に良くできていると思う。
私はこの作品を見て、「革手袋がこんなにいやらしいものなのか」と革手袋の魅力を再認識させられた。
 
stltlbbb-46.jpg 




 「手袋をしたまま......」というのは、
 女性に対しても卑猥で扇情的な印象を
 感じさせる部分があるようだ。
 と、私は感じている...
 



第2位:地獄痴女スペシャル引退・立花里子
 老舗の掲示板サイト「革フェチの想い」に投稿された記事を見て、この作品の詳細を知ったときは衝撃が走った。
もうこの作品は、リアルレザーのジャンプスーツが登場するという点だけでも日本のAV史に残る作品であると、
一人勝手に思っている。しかも、それを最後まで脱がせることなく痴女風の演出でとことん魅せる演出......
...すばらしくエロい......
「このコスチューム一体いくらするんだろう?」なんて考えるのは無粋というものだろう。
薄暗い場面の中、レザーの魅力が損なわれていないのはやはりプロの仕事というところか。

第3位:鬼フェラ地獄Ⅲ
 ライダースジャケットやニーハイブーツも登場するが、なんと言っても「秘書」のシチュエーションに登場する
(リアル)レザースーツの存在感が他を圧倒している。しつこいようだがこれもまた質の良いレザーである。
普通のAVであれば、早々に脱がされるであろうジャケットも最後まで脱がされることはない。
ただ、ひとつだけ苦言を呈するなら、スカートがずれ上がるタイミングが少々早い点だ。
ヒップ、太腿に張り付くレザーの光沢をもっとじっくりと見せて欲しかった。
まあ、そもそも普通のAVではこんな良質なレザースーツなど登場することはないので、
その点だけでも十分にエキサイティングだ。


今回紹介した作品に登場するアイテムはみな本革で良質なものであり、
これらを衣装として導入したこと自体すごいことであると思うが、
それだけに留まらずその衣装にこだわった映像表現がなされているものをBest3に挙げた。
しかし、大手AVメーカーにとってレザーがテーマでは販売につながらないことは、残念ながら事実であると思う。

stltlbbc-45.jpg  


  そんな中、レザーウェアを取り入れた作品を果敢に
  リリースし続けてくれるこのレーベルには、
  フェティシストの確かなセンスと意志が感じられる......

  これからも1ファンとして、影ながらエールを送り、
  新作のリリースを楽しみにしたいと思う。














  1. 2010/01/31(日) 00:49:46|
  2. AV関連

フェチ的AV考②-衣装に金をかける-1/2

21世紀の現在......
透明なチューブの中をタイヤのない車が走る世の中」は実現していないが、
家にいながらにして無数とも思えるAVの中から好みのものをチョイスでき、
それをその場で視聴しオナニーできる世の中
」は実現されている。
これは充分に未来的ですごいことであると思う。
少なくとも少年時代にそんなことはとてもイメージできなかった。
(そんなことをイメージできる少年もヤバイが...)

さて、今回のテーマであるAVにおいて「衣装に金をかける」ということについて、
憶測と思い込みを中心にフェチの立場からゆるく考えてみたい。
エロビデオの目的はヌードを描くことにある。つまりは脱がせてなんぼである。
制作者からすれば、衣装に制作費をかける価値はあまりないと考えたとしても、
それはごく当然のことだろう。

例えば、AVに登場する女教師に本革のレザースーツなどを望んだところで叶うはずもなかった...
そんなことを願ったところでむなしいだけだった...
<image>
stltlbad-43.jpgstltlbad-44.jpg

しかしそれも過去の話と言っていいのかもしれない。
ここ10年でメディアを取り巻く環境は劇的に変化し、その影響はエロビデオの内容にも大きな変化をもたらして
いるように思う。

例えば、ご存知の方も多いと思うがこのメーカーの作品の中には、
レザーフェチの一人として謝意を示したいと思うほど良質なものが存在する。

ps_rel0242_01---.jpg

大袈裟かもしれないが時代は変わったものだと実感させられる......
......<つづく>

  1. 2010/01/22(金) 01:00:33|
  2. AV関連

Exhibition in january 2010

Leather skirt-standard
stltlbaa-42.jpg

ごちゃごちゃし過ぎて、ちょっとしくじってしまった感は否めない...
...が、せっかく作ったので採用...
今年はレザースカート基本形でスタート

  1. 2010/01/09(土) 01:40:42|
  2. exhibition(画像)

プロフィール

ブレッカー

Author:ブレッカー
                 
フェティシズムについて、
どうでもいいことを中心に
てきとーに語る...
zzz...
zzz...
......

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。