<body>

Sensual Ladies in Leather

革フェチ..レザーフェチ、ブーツ... sensual=官能的な、性欲をそそる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

レアルワークス パーソナルBest10 後編

DSCF2845-50.jpg

前回に引き続き、レアルワークスのパーソナルBest10 後編
残りの第6位~第10位まで2008年1月~2014年10月発売の作品が対象

           172emu065ps789-1-4-10.jpg

第6位 革手袋の女②
     レザーグローブ×多数 +ニーハイブーツ
     2010年1月の時点では1位に選んだ作品。
     その後にレザースカートやセットアップをメインにした良作が続いたため順位を落としたが、
     画的なセンスは抜群に良く、改めて見返してもその評価が色褪せることはない。

P1010997-50.jpg lihg2145.jpg

3714(37)-50.jpg 20090827213714(60)-50_20141125105231ace.jpg

第7位 地獄痴女スペシャル 引退・立花里子
     キャットスーツ(リアルレザー)
     これは衝撃作だった。その後も同じコスチュームと思われるものが使用された作品もあったが、
     内容的にもカメラアングルなどの画的にも、この作品を越えるものはなし。
     現在、AV界で謎の?大流行中をみせるキャットスーツを衣装に取り入れた先駆け的作品。
     しかもこちらは本物(リアルレザー)。 

第8位 じれったいスローイカセでじっくり生殺し(結城みき)
     レザーセットアップ+ブーツ
     タイトル通りのねっとりした展開とレザーコスチュームがマッチした優良作。
     一方、同じ出演者でも「三つ指立てて…」の方は革フェチにとってはかなりのがっかり作だったりする。

DSCF1628-50.jpg DSCF1652-50.jpg

第9位 鬼フェラ地獄 VI 妃乃ひかり・みついあんな
     レザーミニワンピブーツグローブ
     ライダースジャケットニーハイブーツ
     ニーハイブーツ(1人は本革)+エロランジェリー
     コスチュームのバリエーションに富んだ気合の入った作品。
     ニーハイブーツはここ数年は、一般のAV作品においてもよく見られるアイテムだが、
     本革製のものは他のレザーアイテム同様、あまり見ることが出来ないので貴重。

DSCF2955-50.jpg DSCF2914-50_20141125182958174.jpg

第10位 スペシャル美脚コキパラダイス 水瀬みき
      レザーミニスカート
      美脚がテーマの1つとなっているためか、屋外を歩いたり、下からの煽りなどの下半身を強調したカットが多く、
      結果としてレザースカートのいやらしさを存分に堪能できる作品となっている。
      作品のテーマが革フェチにとって奏効したという点が面白く、取り上げてみた。
      当該パートが脚コキだけなのは残念なところ。     


P1010869-40_201411251808362fc.jpg

  現在は昔と比べ、多様なAVのジャンルが誕生し、
  様々な性的嗜好の需要に応えるように、メジャーから
  インディーズまで沢山のマニアックなAVが発信されている。
  フェティシズムをテーマとした内容のものも、
  インディーズ系を中心に多くの作品がリリースされている。

   しかし、自分が一番求めるもの……
   それは、マニアックを全面に押した作品よりも、
   一般のAVのなかでレザーコスチュームを着用して欲しい。
   そしてそれを脱がさないで欲しい。
   さらに、ぷりぷりのお尻などフィット感を強調して欲しい。

   なんだか随分わがままな欲しがり屋のようになってしまったが、
   要するにマニックな要素に傾倒し過ぎずに、
   しっかりとエロいことを見せて欲しいというのが希望だ。
   レアルワークスからリリースされた作品は自分にとっては
   まさに理想のAVといってよい。 これらがリリースされ始めて
   からは、KMPのHPの新作案内が毎月楽しみであった。
   どれも永久保存版だ…   


最後に…
Aプロデューサー殿へ
メジャーなプロダクションにおいて、レザーフェチをテーマとした作品の制作は普通に考えれば無理かと思います。
そんな中で、作品のコンセプトに影響のない範囲で衣装にレザーを盛り込んでいくというのは苦労されたことと思います。
ブログの更新を長いlことほったらかしていたので、ご覧頂けているかどうかわかりませんが、
改めて、フェチにとって珠玉のAVの数々を発信してくださったことに感謝致します。m(_ _ )m

  1. 2014/11/26(水) 00:00:00|
  2. AV関連

レアルワークス パーソナルBest10 前編

P1010555-40.jpg

あなたの望んでいるものは何ですか?
本当に求めるものはそこにありますか?


          数々のファンタスティックなDVDを届けてくれたレアルワークスのパーソナルBest10
          今回は、第1位~第5位まで (画像はイメージ)
          エントリーは以下の作品(2008年1月~2014年10月発売)

          172emu065ps789-1-4_20141107130127f56.jpg


第1位 フェラトル嬢①/②
     このDVDのジャケットを店頭で見たときはちょっと感慨深いというか感動した。まさに夢に見た光景(w
     「この店に来る人間の中での、この作品の真の素晴らしさが分かるのは俺だけ」などと訳のわからないことを
     心の中で呟きながら、同好の士が放った熱いソウルを感じつつレジへ向かったものであった。
     両作品とも同じタイプのコスチュームとシチュエーションだが、どちらも甲乙付け難いので、ともに第1位。
     テイラードのセットアップというのは個人的なツボにおいて鉄板なわけだが、
     ほとんどのシーンにおいて、レザーが見切れることがないという点においてもセットアップは優れている。
     「こんなに盛り込んで頂いて本当にいいんですか?」と恐縮してしまうような充実した内容。
     実際にデリヘルでこんな人が来たらきっと卒倒してしまうだろう(w

   P1010540-40.jpg 5221(11)-50bb.jpg


第2位 鬼フェラ地獄 X 眞木あずさ 横山みれい
     前半はAV界でなぜか大ブレーク中のフェイクレザーのキャットスーツ
     後半はテイラードのセットアップ
     レザージャケットのフィット感において優れたカットが多く高ポイント。
     良作が揃うこのシリーズのなかでも、最もお気に入りということで、第2位。

          P1010562-40.jpg P1010566-40.jpg

     
第3位 しっぽフェラチオ
     全8パート中、レザー関連のコスチュームは3パート
     ナース→ コスチューム自体の魅力はそこそこながら、巨乳モデルと絶妙にマッチ。
           カメラアングル、展開とも技ありで、最大限に魅力を引き出しているように感じる。
     レザースカート+シャツ(白)→ レザースカートのスタンダードで画的には魅力全開。
     ショートパンツとホルターネックのトップス→ 上下ともレザーのコスチューム。
     総合的に見どころ豊富で大満足の第3位。                   

   IMG_1713-80.jpg IMG_1714-50a_20141114175007550.jpg


第4位 鬼フェラ地獄スペシャル 星優乃・川上ゆう
     (レザースカート+ニーハイ)ポリスのコスプレ×2
     同じコスチュームでも、雰囲気が異なるモデル2人がレザースカートで登場するのはとても贅沢。
     レザースカート、ニーハイブーツともによく生かされた良いカメラアングルで、
     「これまでよりもさらにフェチのツボというものが監督によく伝わっているな」と唸らされた作品。

IMG_2769-50.jpg IMG_2775-50.jpg


第5位 鬼フェラ地獄 XIV 小早川怜子 春原未来
     割と最近の作品の秀作。
     (レザースカート+ノースリーブ)×2+(ブーツ
 DSCF0019-80.jpg
   前半のモデルのフェロモンも凄いが、それをさらに増幅させる
   レザーミニ&ブーツ。ノースリーブのトップスとレザースカートの
   コーディネートは、とても色っぽく格好良い。
   保健室の先生というシチュエーションもgood
   完全に個人の好みの話になるが、この小早川怜子嬢は、
   レザーのセットアップを着て登場して欲しいAV嬢No.1。
   胸も大きいのでバストラインが強調されたウェストシェイプの
   ジャケットが栄えるだろうなと妄想をかき立てられる。
   もう一人も同様のコスチュームながら、フェチ的には残念な展開。
   前半のパワーのみで第5位。

   … to be continued



  1. 2014/11/15(土) 20:00:00|
  2. AV関連

小さな夢の実現

「夢」、「希望」、

それは志を持ち、実現に向かって努力するべき大きな目標である場合もあれば、 
届くことのない憧れのようなものであったりするのかもしれない。
また、そういったものとは別に、日常のちょっとした願いにも「夢や希望」と表現していい事柄もある。
そう、これはその日常のちょっとした願いに属するお話。

―-------------------------------------------------―-----------------------------------------------

rentvideob_20141026101507716.jpg19XX年
青年Fはレンタルビデオ屋のアダルトコーナーで
その日のネタを物色していた。
入店してから随分と時間が経つがなかなか決まらない。
彼は「彼にとっての特別な何か」を探していた。
しかし、彼が本当に求めるものはそこにはない。
結局どこかで妥協し、普通のエロビデオをレンタルすることになる。
「 エロビデオ」に限らずとも、自分の希望通りのもを手に入れることは
簡単ではないこともある。 それは普通のことでありそれが日常だ。

だが、時折りこんなときもある。
「おっ、これは!」と1本のビデオを手に取る。
そのジャケットにはレザーのタイトスカート姿のAV女優が映っている。
普段はあまり得ることが出来ない満足感と、期待感に胸ふくらませ家路につく。
いつもとは違う質の異なる高揚感を抱きながら、再生ボタンを押す。
いつも多用する早送りは封印し、冒頭のクレジットからじっくりと鑑賞する。
  「…………………………………………………………………………
  ……………………………………………………………………………
  ……この制作者はなぜこのスカートのエロさに気付かないのだろう? 表紙にまで使っているのに…
  レザーに興味なくとも、タイトスカートの持つエロさを少し盛り込むとかあるだろうに……
  ………………………………………………………………」

  DSCF1395-40a.jpg DSCF1460-40.jpg
         こんな感じから         →     カット変わって、あっという間に…

もう慣れてはいるものの落胆は隠せない。
薄々想定はしていたが、それでもやり場のない怒りがこみ上げる。
しかし、それは言いがかりでしかないことも分かっている。

やがて、彼は自然とこう願うようになる…

「レザーフェチの監督がAV作ってくれないだろうか…」

一方で、「そんな都合のいいことがあるわけない…」、というあきらめの気持ちや、
      「そもそも日本人でレザーフェチっているのか?」という疑問さえ頭をよぎる。

「自分と同じ嗜好(fetishism)を持つ人が作ったAVが店頭に並ぶ」
そんな彼の願いは叶わぬ夢であるように思われた…


彼の願望は……
 akllit-50.jpg

        akllh-50a.jpg

                DSCF1445-50a.jpg

  1. 2014/10/25(土) 00:00:00|
  2. AV関連

尻はなくとも...~旧作AV紹介

AVの旧作を紹介。
SMもので2004年にアートビデオから発売。
作品タイトルは「マゾ妻淫ら裂き-完結編」(´ ▽`).
昭和の成人映画かいと突っ込みたくなるベタエロなタイトル…しかも完結編って
一体何が完結したのかはよく解らない(w

140-789-AB.jpg

キャプチャー画像からも分かる通り、AVとしては珍しくリアルレザーのタイトスカートが登場ヽ(゚∀゚ヽ
レザーブームがあったとはいえ、当時AVでお目にかかれるのはまれなことであったため非常に印象に残っている。
この頃はまだレアルワークスは覚醒していなかったし…

しかし正直なところ、内容的にはレザースカートフェチのハートを鷲掴みにするまでの作品とは言えない。
このスカートには真ん中から切り裂かれてしまうという、何ともパンチの利いた運命が待っている。
こういう演出に萌えるという人もいると思うのだが、
残念ながらスカートはいつの間にか脱がされており(・ε・`*) 、そのシーンはカットされている。
(ラストのシーンとジャケットにて確認されるだけ)
ただ、椅子に座り、縛られていくシーンは個人的にはかなりそそられるものがあり、
衣装の質の良さを含めると永久保存入り。

レザースカートの魅力は尻だけではない。
座ったときの張りつめた太腿や谷間、ウェストにかけてのライン…
…結局のところ体にフィットするシーン全てが魅力的O(゚▽゚o)


ll1692-80.jpg ll1724-80.jpg
(;´Д`)ハァハァ 膝枕お願いしやす(w

  1. 2014/09/06(土) 18:06:50|
  2. AV関連

フェチ的AV考②-衣装に金をかける-2/2

前回少し触れたレアルワークスの作品の中から、パーソナルBest3を紹介したいと思う。
P1020090-+

第1位:革手袋の女
 ちょっと意外に思われる方もいるかもしれないが...これが1位。
フェチをテーマとするのなら、その対象のアイテム自体に手を抜いて(金をかけない、または質にこだわらないなど)
しまえば、その時点でほぼB級作品となることは決定的である。
この作品においては、使用される革手袋が全て質の良いものであるにもかかわらず、
惜しげもなくやりたい放題やってくれている点がすばらしい。
(おそらくこれらの手袋、撮影後は使用不能となること間違いなしと思われるが...)
 作品は全編を通して革手袋のフェティッシュな魅力満載のシーンが続いていく。
「黒革の手袋を身につけて何をして欲しいか...」という願望をボリューム満点で映像化してくれているという点、
また画作りの面でも手袋の生かし方が巧みであり、痒い所に手が届きまくりのカット割りや、
レザーが引き立つライティングにはプロの仕事が感じられ、感動すら覚える。
それらがこの作品を1位とした理由にほかならない。
とにかくフェチ系の動画としては、非常に良くできていると思う。
私はこの作品を見て、「革手袋がこんなにいやらしいものなのか」と革手袋の魅力を再認識させられた。
 
stltlbbb-46.jpg 




 「手袋をしたまま......」というのは、
 女性に対しても卑猥で扇情的な印象を
 感じさせる部分があるようだ。
 と、私は感じている...
 



第2位:地獄痴女スペシャル引退・立花里子
 老舗の掲示板サイト「革フェチの想い」に投稿された記事を見て、この作品の詳細を知ったときは衝撃が走った。
もうこの作品は、リアルレザーのジャンプスーツが登場するという点だけでも日本のAV史に残る作品であると、
一人勝手に思っている。しかも、それを最後まで脱がせることなく痴女風の演出でとことん魅せる演出......
...すばらしくエロい......
「このコスチューム一体いくらするんだろう?」なんて考えるのは無粋というものだろう。
薄暗い場面の中、レザーの魅力が損なわれていないのはやはりプロの仕事というところか。

第3位:鬼フェラ地獄Ⅲ
 ライダースジャケットやニーハイブーツも登場するが、なんと言っても「秘書」のシチュエーションに登場する
(リアル)レザースーツの存在感が他を圧倒している。しつこいようだがこれもまた質の良いレザーである。
普通のAVであれば、早々に脱がされるであろうジャケットも最後まで脱がされることはない。
ただ、ひとつだけ苦言を呈するなら、スカートがずれ上がるタイミングが少々早い点だ。
ヒップ、太腿に張り付くレザーの光沢をもっとじっくりと見せて欲しかった。
まあ、そもそも普通のAVではこんな良質なレザースーツなど登場することはないので、
その点だけでも十分にエキサイティングだ。


今回紹介した作品に登場するアイテムはみな本革で良質なものであり、
これらを衣装として導入したこと自体すごいことであると思うが、
それだけに留まらずその衣装にこだわった映像表現がなされているものをBest3に挙げた。
しかし、大手AVメーカーにとってレザーがテーマでは販売につながらないことは、残念ながら事実であると思う。

stltlbbc-45.jpg  


  そんな中、レザーウェアを取り入れた作品を果敢に
  リリースし続けてくれるこのレーベルには、
  フェティシストの確かなセンスと意志が感じられる......

  これからも1ファンとして、影ながらエールを送り、
  新作のリリースを楽しみにしたいと思う。














  1. 2010/01/31(日) 00:49:46|
  2. AV関連
次のページ

プロフィール

ブレッカー

Author:ブレッカー
                 
フェティシズムについて、
どうでもいいことを中心に
てきとーに語る...
zzz...
zzz...
......

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。